雑談掲示板

モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目!
  • 日時: 2016/03/10 17:06
  • 名前: 翼の勇車 (ID: qXrd4tL6)

MH4掲示板より続くモンハン小説スレ五代目です!
内容は題名の通り、この場所ではMHXに限らずモンハンの二次創作小説を書いてください! 勿論初めての方でも初代から書いてくださってる方でも大歓迎です!

過去シリーズリンク

初代
ttp://mh4g.com/bbs_talk/index.cgi?mode=view&no=49
二代目
ttp://mh4g.com/bbs_talk/index.cgi?mode=view&no=828
三代目
ttp://mh4g.com/bbs_talk/index.cgi?mode=view&no=977
四代目
ttp://mh4g-cap.net/bbs_talk/index.cgi?mode=view&no=18

書く時は必ず話数を記入してください。

本スレで作品を書いている、或いはこれから書こうと思っている方へ――ダブルサクライザー様より >>36

↓以下作品目次

―――――

◆クロスオーバー

〜やはり俺の行いは間違っていない〜(ダブルサクライザー様×翼の勇車)

目次>>279

―――――

◆ダブルサクライザー様の作品

○モンスターハンター 短編小説シリーズ

目次 >>280

○モンスターハンター 〜星屑の瞬き〜

目次 >>281

―――――

◆smash様の作品

○〜巨大都市バルバレ 発展までの過去〜シリーズ

目次 >>282

―――――

◆モンモン様の作品

○〜見つからないもの 探す者〜

目次 >>283

○本の中の旅人達

目次 >>284

―――――

◆創造神ゼウス様(vista様)の作品

○ユクモ村歴戦記シリーズ

目次>>285

―――――

◆EXTENDED様の作品

○世界を旅せし狩人〜狂竜病を滅ぼし者〜

目次 >>286

○もうひとつの物語

目次 >>287

―――――

◆翼の勇車(スレ主)の作品

○モンスター&ハンター

目次 >>288

―――――

◆ゆるふわ様の作品

目次 >>289

―――――

◆紅蓮丸様の作品

○~とあるハンターの狩人記録~

目次 >>290

―――――

◆一方通行様の作品

○モンスターハンター 〜狩人としての責任〜

目次 >>291

―――――

◆青空様の作品

○ハンター達の目的

目次 >>292

―――――

◆クルセイダー様の作品

○ハンターズアドベンチャー 〜エピソード クロス〜

目次 >>293

―――――

◆名無しのパワー様の作品

○モンスターハンター 〜猛者たち〜

目次 >>294

―――――

◆かにゃえ丸様の作品

○〜死に行く者の背中〜

目次 >>295

―――――

◆羽衣様の作品

○モンハンクロス 『爆殺厨と闘う騎士団』

目次 >>296

―――――

◆こんがり肉様の作品

○「 狩人の証」

目次 >>297

―――――

◆猫好き様の作品

○モンスターハンター 〜煉黒の燭〜

目次 >>298

―――――

更新>>299まで

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド作成
Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.765 )
  • 日時: 2017/10/30 23:07
  • 名前: 名無し (ID: mNGZIcYy)

〜狩人〜
第1話 未知への挑戦

登場人物
シュウ 太刀のベテラン。居合切を得意とする。
大臣 守護兵団の指揮者、大老殿の管理者でもある。
後々、登場予定のキャラはいますのでお楽しみに。

あらすじ
ドンドルマで殺人事件があり、何故かそれをハンターに任されたが見事解決、最後に
大臣が言った未知の樹海を調査するには、特別な許可を必要とされるらしく
実力がないと得れないが、太刀の全てを得てる彼には何も動作がなかった。

現在地 未知の樹海 調査本部
シュウ …ここか?
アイルー はいですニャ、さぁさぁ、お部屋をご案内しますニャ
シュウが入った部屋は…苔だらけだった。致し方ないだろう。
シュウ …どうも。
アイルー 会議がありますので案内もさせて頂きますニャ

現在地 調査本部 会議室
○○ 今回、この調査隊の元帥の担当するアヤトと言う者だ。
辺りは静まり帰る、なにせ防具がミラルーツ一式だったからだ。
アヤト さて、皆は承知してるであろうがこの調査隊の目的を説明する。
    今回初めて未知の樹海で大部隊が動く訳だが、以前あった龍識船の
    墜落に関連する。1つ目の目的は龍識船が墜落した場所まで遠征す
    る事だ。2つ目は奴の巣を見つける事。3つ目は…
シュウ 何を合間いれてやがる?
総員の視線がシュウに向かれた、KYみたいに思われてる。
そんな中、1つの言葉で煩くなる。
アヤト ヤマツカミの討伐だ。
流石にどうかと思ったハンターはこう言った。
ハンター1 おい!ヤマツカミなんて聞いてねぇぞ!
ハンター2 そうだそうだ!自分の勝手か!?
アヤト 俺に頼まれたクエストのひとつだ。皆で引き受けてくれ。
その発言があった途端に、ハンターの殆どが抜刀した。
そしてシュウは既に勘づいてた、そのヤマツカミが異例なのは。
シュウ まぁまぁ皆、落ち着けよ。
ハンター2 はぁ?こんな状況で落ち着ける訳がねぇだろ!?
○○ …
シュウ よく考えろ、元帥はミラルーツ防具だろ?
ハンター1 それがどうした!?
シュウ なら異例種を引き受けられる可能性はある
アヤト …察しがいいね、君
シュウ シュウと呼んでくれないか?
アヤト ゴメン、知らなくて
シュウ 構わん。
一応、分かり易く説明するけど、元帥さんはミラルーツ防具であるため
相応のベテランだと分かるはず。なら恐らくヤマツカミの異例種とかの依頼を
されて当然だとシュウ君は判断したのでしょう。あ、設定上ハンター1とハンター2は
バカですのでご了承下さい。
アヤト 説明し忘れてたな、そのヤマツカミは異例種なんだ。
    ソイツの狩猟を手伝って欲しい。墜落と関係するかもしれない。
ハンター1.2 そうだったのなら最初から言え!
アヤト すまないねぇ。
アヤト さて、今日はこの本部から10キロ進む。
○○ …もう昼間なのに?
アヤト だから精鋭を作って挑む。その精鋭の班は…
アヤト シュウ、リコ、ユウキだ。
皆が騒然とする。それはリコがいたからだ。
リコは片手剣使いだが、シュウと同じ様に片手剣では最強だった。
シュウが有名でないのは、強さを偽ってるからだ。
ハンター3 ユウキって確か…
ハンター5 あぁ、多分あの火薬使いだ。
皆が騒然とするのもすぐ終わった。
何せ、あの一言で皆が絶句するからだ。
アヤト それまでの間は特別にカリスタ教官からの訓練だ
総員 失神状態

現在地 BC
みんな既に出発の準備は出来ていた。
シュウは防具にアスリスタXを装備、武器は黒刀【参ノ式】だ。
リコは防具に銀嶺を装備、武器はニンジャソードだ。
ユウキは最強クラスの塵魔を装備、武器はハンターライフルだ。
精鋭尽くしとなる班で未知の樹海を探索、どんな危険があるか分からない。
さぁどうなるやら…
続く

キャラ紹介
シュウ 太刀のスペシャリストであり、自己流狩技を作れる数少ないひとり。産まれて直ぐに両親を亡くし、バルバレのギルドマスターと共に砂上で生きる事になった。12歳の頃にとあるキャラバンの加工屋にお小遣いを全部使って買ったのが太刀であった為、太刀を極める事になった。18歳になったらギルドマスターにハンター登録を済ませ旅に出た。流れ着いた時にはもう最強の座を得ていた。

リコ 最強の片手剣使い。女性であり、静かな狩を好む。今回、精鋭班にいるシュウについての噂を聞きこの調査に参加したと言う。リコが語るに、世界最強のハンターになりたいと言うがシュウからはなれないと宣告される(後々書く)

ユウキ バルバレに暮らしてた人物のひとり。シュウと昔はよく遊んでたらしいが詳細は不明。爆弾魔らしく、火薬を扱うハンターである。悪魔等と嫌われてる事で自殺寸前まで追い込まれたが、旅をしていたシュウに遭遇し、生きる価値や目的を決める事が出来た。女性だが身柄は幼くアレが大きくならないと悩みを…シュウに好意を寄せてる。

大臣 大老殿の管理や守護兵団の実質的最高指示者でもある。あくまでもドンドルマを常に見渡してるのが大長老で大老殿の管理は大臣らしい。ドンドルマに流れ着き、疲れはててるシュウを保護した人物だ。シュウがモンスターの生態について詳しくわかったのがドンドルマに着いて以降だったらしい。考古学者でもあったので、極限状態などについても詳しい。ドンドルマでは参謀役を買ってもいいと言う程でもあるらしい。

後々キャラを追加したり、設定を増やしたりしますんで。では。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.766 )
  • 日時: 2017/11/04 22:38
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: kb8KQfyF)

第十一話 彗星の正体

〜密林〜

「密…林?」

俺だ、師条だ。
密林についたのだが…俺の想像していたのと違うぞ
これ島だろ…

「対象はエリア2にいるみたい」
「あ、はい」

霊華はいつの間に千里眼の薬飲んでるんだ…。
案外慣れているのか?
まぁいいや、初見の相手だし無茶はしないようにしよう
あとは…

「ダニィ?!早速征伐しに向かう!あたいに続けー!!」

…Blizzard、落ち着け。


〜エリア2〜

…うん、なんだこれ。
紅い彗星と聞いて、てっきり全身真っ赤!とか思っていたんだ。

銀色じゃねーか!!!

「期待した俺があほだった」
「何をですか?」

残妖にそう聞かれたが特に…と言っておいた。
ただ、なぜ紅い彗星なのかはなんとなく分かった。
奴の翼から溢れ出る龍属性の何か…それを推進力として飛行するが、あまりにもそれが強大な故に紅い彗星に見えてしまうのだろう
というか古龍ってほんっとうに生物として逸脱してるな。あの翼なんなの…。
とにかく、最初は様子見だが回避に全力では終わらない
いつもの薬を口に含んで、戦闘開始だ。

「とりあえず様子見d」
「先手必勝!あたいが切り開く!!」

あー、あのおばかさん何やってんの。

『…』
ババッ!!!

なんの策もなく突撃していったBlizzardに対してバルファルクは翼を前に展開してエネルギー弾?みたいなものを撃ってきた。そういう使い方もあるんかい

「この程度の弾幕、あたいには意味無いよ!」

見事に回避。これについてはさすがというべきか。まぁ、残妖も霊華も余裕だと思う。俺は無理

「てや!!」
『…!』

そのまま頭を斬りつけたか。奴の反応を見るに弱点だろう。はじかれていないし、固い音もない。
属性も…効いている。氷は有効っと…。

『…!!!!』
「うわ?!何この音!?」

一撃で怒り状態って…まぁ、あの氷何気に恐ろしい威力だから有効なら当然か。
それにしても生物の鳴き声ですかこれ。キィィイイインって感じがした。
それと同時に、頭と翼から龍の何かが溢れ出ている。すごいなぁと思いました。

「あ、あんなのどうやって倒すのですか?!」
「残妖、落ち着きなさい。無理なら違うエリアに逃げてもいいのよ?」
「そ、そんなことしません!私も戦います!霊華様をおいて逃げることはできません!」

残妖は…なんか怯えてる感じがした。まぁあんなの初見だったら怖いよな。俺はすごいなぁ程度だったけど。
霊華は変わらず。臆してないのか。やるじゃない
で、Blizzardは…

「さぁ、第二ラウンドはじめるか!」

ノリノリだった。あとそのセリフやめてくれ。

『…!!』

次の動作は…なんだ?左の翼で何か構えている?
狙いは当然Blizzardだが…。

「ならこっちに避ければいいってこと!あたいでもそれくらいはわかるよ」

左の翼で攻撃するなら、その反対側に行けば比較的安心ではある。
さすがにそれくらいは分かっていたみたい。よかった
そんでもってバルファルクは翼を…

シュンッ!!

…え?突き?
いやいや、ちょっとまて。
あの翼の骨格からどうやったらあんなリーチの突きができるんだっての。
あの先端どこの部位?何あれ。

『…』

しかもそれで終わりじゃないみたい。何か構えてる。とにかくなんかしてくるのは分かった

「距離取っておくか、上に逃げた方がいい」

と俺は言っておいた。なんとなく次の動作が読めた。
何をするかって?それは…

ブンッ!!!

「わ?!」
「…あれを振り回すって反則ね」

そのまま一回転。
あの長い翼をそのまま回すってことで超範囲攻撃になるわけ。
…いや反則だろそれ。なんだよあの範囲にあの速度。当たったらひとたまりもねぇぞ。
ちなみにだが、Blizzardは飛んで、残妖はブシドーのあれ、霊華は距離をとって回避した。
俺は…

「がらあき。」

あえて突っ込んだ。よい子は真似するな。熟練者は…まぁうん。
そんでもって大技のあとに隙だらけだったから顔面に連射Lv5をぶちこむ。

『…』

龍属性は効かないか。古龍の大半に有効だからと思ったが…そうじゃないわけだな。
物理的にはダメージあるだろうし、やっぱり頭狙えってことだろう。多分。

『…!!』
「足元…?」

今度は足元を狙うように翼を展開。

バババッ!!!

そしてエネルギー弾っぽい何かを放つ。
とりあえず着弾点を記憶する。たしかに足元と、その横一面は危険だが、あえて前に避ければ問題は…

『…!!』
「ちょっ」
ババッ!!

って今度は間髪いれずに前方へ撃つんかい。
…直感であえて突っ込んだが、これが吉と出た。
なんとか当たる範囲外に回避できていた。あえて接近、か…めんどくさい。
まぁ、あの程度なら俺以外は避けてそう…

「全く厄介な…」

とりあえず頭に連射しておいた。
…後のほうで誰かが尻尾斬っているのが見えたが、今はそれどころじゃない。
相変わらず俺が標的のままだ。

「あたいを無視するなー!!」

とかいって適当に攻撃しているが…まぁ、弱点的確に狙ってくる俺のほうが優先的にくるわな。
それにしてもコイツの骨格どうなっているのやら…。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.767 )
  • 日時: 2017/11/06 00:33
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: TyT9maaA)

第十二話 判明

※三人称視点

バルファルクの猛攻をかいくぐり、弱点と思われる頭に集中して撃ち込む師条…
その姿はどことなくあの化物たちに似ていた
相手の攻撃範囲を完全に見切り、必要以上に回避せず…狙った部位だけを攻撃するあの三人に。

「私達でもあの領域にいけるのかしら?」

霊華はそう呟いた。
師条については詳しく知らないが、聞かされた部分だけでは少し変わっているが、実力は普通。
ただしそれは普段の彼であって、活性化状態ではない。今の彼は…普段を大幅に超える実力を見せている
それでも、まだ人間の範囲内…と思えるだろう。比較対象が人外だから

「それにしてもタフだな、体力全振りか?」

立て続けに頭ばっかり狙っていたが、それでもバルファルクは動じない。
体力が多かろうと、さすがに少しは…と思っていただけにこれは想定外。
いくらタフとはいえ、何かしらおきてもいいはず…
だとすると、今狙っている箇所は弱点じゃない?
なぜなら

「あたいを無視するなー!!!」

と言って適当に攻撃しているBlizzardのはじかれ具合で判断していたが、あくまでそれは切断攻撃によるもの。
モンスターによって攻撃手段で耐性が変化することを考慮していなかった

「…別の部位?」

とりあえず拡散に切り替えて頭以外を適当に射抜く。

『…!!』
「ん、なるほど。」

適当に撃った矢からどこが一番有効か判断できた。
…翼脚だ。

「つまりそこに絞っておけばいいわけか」

再び連射に切り替え、翼脚を狙う。

『…!』
「おっと?!」

弱点を見抜かれてしまったバルファルクは突きの二連撃を仕掛けた。
間一髪のところでかわしたが、防具のかすめた部分はそのまま削られていた

「うわー、怖い怖い。」

それでも怖い程度で済ますあんた一体…。
体性を立て直したところで、師条はBlizzardにこういった

「ってかBlizzard、あんまりとぶな。地上でやってくれ。緊急時だけ飛んでくれ」

…そう、さっきからずっと空中戦だったわけ。
さすがにその状況を見られることはほぼないが、万が一を考えるとやめて欲しいところ。

「えー!でもまぁ仕方ないか。あたいは地上でも大活躍できるのだから!」
「そう…。」

わりとあっさりBlizzardは降りてきた。

『!!!!!』
「また怒り状態…!」

と同時に怒り状態に再突入。と言っても終わったかと思ったら間髪いれずにだからある意味怒り状態継続。

「あ、あたいの鼓膜が…!」
『…!』

バルファルクは狙いを師条ではなく、注意がそれているBlizzardに向ける
そして、右の翼を下げる

「え…。」

Blizzardの目に、バルファルクの突きが迫るのが見て取れた。
本来であれば一瞬のはず…しかしそれはゆっくり迫るように…見えた。

「あたい、やられるの…?」

少し前に師条がかすめた一撃で、それの威力はなんとなく分かっていた。
それが…顔面に迫っているのだ。
…当たれば即死は免れない。
しかし身体は動かない

「っ!!!」

迫り来る現実からそむけるように、目を瞑った




「…あれ?」

それから数秒たった。
だが、身体に何も異常がない。
さっきのあれは幻覚だったのか?
そう思って目を開いた。

「…!!?」

その先にうつっていたのは

「…か、貫通…だと…」

―串刺しになっている師条だった

あの一瞬、間に合わないと踏んだ師条はBlizzardをはねのけてなんとかしようとした。
なんとかBlizzardは範囲外に回避できた。その代わりに師条が餌食となってしまったのだ

「し、師条!!」
「…ここ…まで…か……」
ドサッ

バルファルクは翼をそのまま引っ込めた。
意外にも追撃はしてこなかったが、今はそれどころではない。
師条の身体は…心臓があるであろう位置ごとぶち抜かれていた
Blizzardとはいえ、これだけははっきりと分かった

即死

当たり前だが、心臓ぶち抜かれて生きている人間など普通は存在しない
あるとしたらそれはもはや人間を超えた何かだろう

「し、師条さん!!」

残妖も慌てて近寄ろうとした

「…!待ちなさい残妖!」

それを霊華は無理やり静止した。
…何か妙な点があったからだ。

「なぜですか、霊華様!」
「追撃がこなかったことよ」

そう、先ほどの攻撃は通常であれば何かしらの連撃となるのが基本。
これまでの戦闘でももう片方の翼で突くか、振り回すかをしていた
だがそれがなかった。戦意喪失しているBlizzardは格好の的だというのに。
しかもそれだけではない。
今のバルファルクを見ると、師条を貫いた部分を気にしているようにしか見えない
目視はできないが、何かがおかしい。

「もしかしたら―」


キィン!!!

「な…?」

その音と同時にそれは起こった。
師条の身体から何かがあふれ、それが貫かれた穴を完全に塞いだ
黒い紫色のした何か…霊華には心当たりがあった

「あれは…狂竜ウイルス!?しかもあの量…どういうこと?!」

…そう、今彼の身体から溢れ出ている謎の物体、その正体は狂竜ウイルス。
本来であればあるモンスターが所有するものであって、人には基本有害な物質。
それを…人が持つにはありえないほどの量をあふれさせ、身体に纏う。まるでオーラでも発しているかのように
そして…動かないはずの身体が

動いた

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.768 )
  • 日時: 2017/11/07 23:08
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: ZsnQvvGP)

第十三話 奥底に眠る本質

動くはずのない師条を動かしているもの、それは狂竜ウイルス
ただし、それは普通のと比べてみても何かがおかしい。
ふと、霊華はバルファルクの右側に回りこみ、改めてバルファルクが串刺しに使った部位を確認する。

「…消滅している?!」

その部位は元の輝きを失い、脆く崩れ落ちている。そしてそれは少しずつではあったが、バルファルクを侵食していく。
古龍種には通用しないそれがなぜ効いているのか、詳細な理由は分からない。
ただ、彼の身体に存在するそれが何か異質なものであるのは確か

「・・・・・・・・・」

そうこうしていると、さきほどまで倒れていた師条が起き上がる。
その表情は…髪によって目より上は見えないが、口元だけははっきりと見えた。
笑っている
それも何かを蔑んでいるかのように

「…!!」

それを一番近くで見ていたBlizzardは…震えていた。
今の彼に意志はない。もし襲われたらはっきりいって、死ぬ。
その場から去ろうにも、腰が抜けてしまう上に、身体は震えて全く動かせない。
ただただ目の前に聳え立つ…師条のような何かを見ているだけ

「・・・・・・・・」

そして、その師条の形をした何かは矢を数本取り出すと

ザシュッ!!

ー自分の身体に先端部を突き刺してから弓にかけた
その先端には…変異したウイルスの塊が塗布されている
無論標的はバルファルク

『!!』

さすがにバルファルクも尋常ではない殺気に臨戦態勢をとる。
突いた部分が腐り落ちるかのようにぼろぼろとなっているが、そうした原因のモノがこちらに向けられているとなれば…

「・・・・・・」

だが、彼は矢を放たない。
溜めたままその場から動こうとしない

『…!!』
ドンッ!!!!

それを察知したバルファルクは突如大空へと飛び上がっていく

「もしかしてエリア移動?」

咄嗟の行動に残妖はそういったが…それにしては何かがおかしい。
エリア移動ならばすぐ別のエリアに一直線のはず
なのにバルファルクはこの上空を飛び回っている

「そういうことね…!Blizzard!その場から離れなさい!」

その行動の意味を理解した霊華は師条から離れるように叫んだ。
しかし、Blizzardは相変わらずあの状態ゆえに、動けない。
そしてバルファルクは霊華の思った通りの行動に出る。

ー彗星衝突だ。

突然の急旋回から、地上の対象目掛けて全速で衝突する…当たれば致命傷は避けられない大技の一つ
無論対象は師条に絞っている。故に彼から離れればいいだけのこと。(まぁ、普段の狩猟だと誰狙うかわかんないから怖い。)
でも…前述の通り。
そしてバルファルクは急旋回から地上へ全速前進

「(…もう間に合わない!)」

今の彼がおかしい状態であることはわかるが、あれをとめるほどの力を持っているとは思えなかった
最悪の事態を霊華は想定していた。

「・・・・・・・」

ーそれでも師条の顔は笑っていた

ズドォォォォオオオオン!!!!!




『!!?』

「・・・・・。」
「な…どういうこと!?」

バルファルクは…止まっていた。
それも空中で
…師条はあの一瞬に矢を左の翼脚に放ち、そのあと右手で思いっきりぶん殴っていた
その衝撃は全て何かに吸収され、残ったのは空中に停止するバルファルクという状況のみ

「・・・・・・・。」
バキッ!!!

そのまま師条はまわし蹴りを顔面にクリーンヒットさせた
それを喰らったバルファルクの顔は…

跡形もなく砕け散っていた

その回し蹴りを視認できたのは誰一人いなかった…。

「・・・・・・・」

無事…とはいえないが、バルファルクを討伐した。ただ、師条と思えるそれはその場に立ち止まったまま。
表情に変化も見られず、何かする予兆もない
迂闊に彼を刺激することもできない。ただただ彼を見つめる事しかできない

「・・・・・ガフッ!!!!」
「師条さん!!」

…少し時が流れた後、彼はまた倒れた
その時の表情は…貫かれたときとまったく同じだった
これでようやく彼が戻ったと確信できた
あらためて三人(Blizzardは固まったまま)は彼の近くに集まる。
そして貫かれたところを確認する

「跡がない…?!」

師条の身体は…何一つ傷のない状態だった。
まるでそのことすらなかったかのように、完璧に修復されていた。
少し危険ではあったが、彼の脈を確かめると、何事もなかったかのように脈は出ていた

「なんだったのよ、あれ…」

ただ、彼が彼でなくなったこと
その状態では身体能力が異次元の境地に達している事
バルファルクの討伐に成功した事

これだけは事実として残っていた

「ガタガタガタガタ…」
「Blizzard…終わったのにいつまでこの状況なのかしら」

彼女がその状態なのも無理はなかった
あの一瞬、師条らしきなにかの表情をじかに確認する事ができた
その時の彼は…『狂って』いた
殺意はこちらにも向けられていた
それを見てしまった彼女は…失神こそしなかったが、失禁してしまった
少しの間何も言えずただただその場で震えていた…。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.769 )
  • 日時: 2017/11/08 22:38
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: .IRKDBN4)

〜かつての物語、要約ver〜
第二十一話

カトリア、シオンを叩き付け叫ぶ。
おー、ガーグァが卵落としてる。金のもう○こも混じってるけどね。
理由は…シオンが冥花の胸を揉んでたって。
やっぱ俺いかなくてよかったよ。
あとそれでもルピナス起きず。どういうこと…。
あ、朝食後農場でアストとユリがなんか、うん。
冥花はあきれてる。

その事の俺はというと何か飛んできてるなぁと思いましたが、やばいものじゃん、あれ。
注意勧告後、それを受け止める。某リング8個でもこれかいなー。
紙だけとって槍は返した。何か書いてた。俺の命日。

炎「リオレウス…ではない咆哮が聞こえたが、なんだ?まぁいい、大空からイリュージョン・ストライク。地がどうせ止める」


第二十二話

残妖とニーリン、紅葉の落ち葉掃除。
そんでもって落ち葉掃除中にニーリン、焼き芋に困らないと。
たしかに俺山芋拾ったけど…俺はさつまいもがいいなぁ。
ツバキは十六人分のドウギをPON☆と洗濯
こっちは霊華が参戦。残妖を仲がいいことを聞いたり、男装させようかとかうんぬん。それはやくやって。

炎「やはり返ってきたか。まぁいい、奴を殺す方法を考えるとする」

んでもって、アストとユリは何やってるんですか。
もうね、爆発しちゃえ☆と思いました。
ピッケルで鉱石(大半ゴミ)を掘るだけなのになぁ。

その頃の俺?
凍土にぼーん。
緊急クエスト処理するよーん。あと食料。
フラグ立ててまぁいいや、サァ行くか。

まぁ、その前に俺は冥花に紙渡しておいたよ。
血の気が引いているのが見えた。まぁあれ怒らせることになったら怖いってのじゃないからね!恐怖と絶望。気力+1
そんな状態で、上記のいちゃつき状態を見るわけで。
まぁ、鉄鉱石を石ころというユリにどうやったらそう見えるんだ…と言いたかったとか何とか。
あ、農は相変わらず意味不明な知識フル回転で大活躍。畑の管理人、脱帽

炎「どうやっても奴は…と考えている所にナルガクルガ。散れ」


第二十三話

物欲センサー?
あぁ、知ってる。話せば長い。
そう、古いはな(ry
冥花がピッケル振ると出てきたのは石ころ☆
どこかの世界ではレアなものだよ!なお価値
んで、ユリが振ったら珍しくマカライト鉱石が!!!
物欲センサーはすごいなぁと思いました。冥花どんまい☆

凍土にいた俺、ブラキンに会う。おー、久しぶりですな。
フラグ回収!やったぁ!

その頃、落ち葉を山のように集めた残妖とニーリン。
そこに霊華がやってきた。お腹すかせてね。
そんでもって焼き芋の準備だぁ!!


第二十四話

あ、集めた芋は大小それぞれあるよ。俺はサツマイモが(ry
まぁ、適当に見たものだからどれくらい焼いたらいいのかさっぱりーです。
あ、俺も知らない。というか俺がその場にいない。
霊華、駄々をこねる。その時空を見上げていたら碧色の流星が流れたって。
ちなみに農も見えたらしいよ。

その時俺は凍土でブラキンと遊んで…じゃない。
なんか変なオーラがついているなぁということで、装備を3rdから変更4Gへ変更。
さーて、がんばるぞーってところに容赦なく連撃ぶち込まれました。
あーこりゃだめだ、おしまいだぁって思ってたとき、何か見えたんだよね。そんでもってそれが言ったのは…
「邪魔だ。」
だったな。そんでもって俺は再びあいつに会うこととなった。
かつて俺の相棒であり、敵で…じゃない。相棒だった者、碧
久しぶりのペア狩り、開幕!!
やっぱり碧の実力は衰えてなかったよ。
掠めるかのように受け流すわ、爆雷ぶち込むわ…思わず俺もいつものペースで笑った。
あー、やっぱ碧と狩りってしっくりくる。さすが相棒だわな。炎より楽。

一方。昼間に見える流星などお構いなしな霊華。まぁ、言ったところで誰も信じないと思う。
まだかまだかと待っていると、表面の皮がわずかに焦げた状態に。
あ、俺はさつ(ry

ちなみにだけど、碧色の流星はユリにも見えたみたいだよ。
アストと冥花は見えなかったらしいけどね。

炎「時間軸めっちゃくちゃだな…まぁ、そういうことができるのも…いや普通認めたらだめだろ」


第二十五話

炎「…あいつは地と合流しないといけない運命だろう。俺は俺の任務を果たすだけ」

かつて蒼天と呼ばれた俺たち。
まあ、今はただの二人組みですけどーwwww
俺が頭を狙って、その間に碧が足をへし折る。
そんで持って、正面から俺、サイドから碧の強烈な一撃でブラキン、昇天
碧は…変わってないと思う。一応変わったとは俺言ったけどね。
って、目的はギギネブラの討伐だった。隅っこに居たよ。雑魚って言われてた。
…瞬殺したのは言うまでもない

その頃、焼けた芋の中で特にでかいものを選別して霊華に渡そう。そう思ってまずは皮をむこうとする前に霊華、完食。はやいってレベルじゃねーぞ!!
ただ、一番でかいのは残していたみたい。
残妖とツバキが仲良く食べました。まぁ、一口つまみ食いされたらしいよ

んでもって、俺は碧に何でここに?って聞いたんだ。
分からんって言われた。
あと、他人からしたら理解できない事を言っていたが、俺にはわかった。原因俺だし。
んでもって寄り道について突っ込まれた。ごめんwww
あと寒いwwwホットドリンク忘れたwww
うん、その返しも変わってない。互いに何も変わっていない。やっぱ碧は碧だなぁ。
とりあえず当初の目標である、食料調達、碧と共にいきますかー。
あ、碧のツッコミ喰らったけど、しっくりきた。やっぱこれだねぇ

で、農場では釣りをしようということで三人がまぁうん。
アスト、サシミウオをあっさりゲット。さすがハンター。それくらいはできないとな。俺はできない。魚がこないから。
そんでもって、ユリもやろうかなっと近寄ったのと同時にアストが次の投擲を始めたものだから…
ユリは川に飛び込まされてしまいましたとさ。
その後、彼女を助けるためにアストも一歩遅れてGO
冥花、あきれてため息。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.770 )
  • 日時: 2017/11/09 23:22
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: 4T0jFQiY)

第二十六話

炎「分離した力か…さっさと次の回収する」

なぜこんなに食料がいるかって?
霊華のせいだよーん。
まぁ、碧も霊華のことについては俺が教えているから分かっている。
帰る手段は俺が碧ふっとばして俺は超速帰還。
いってきまーす。

その頃、農場では大活躍している農を見て冥花、あたいらいらなくない?と。
そんでもってアストたちのところへ行こうとしたら流星がね。
着弾点が集会浴場前。そら急行するわな。

そして現場。
エリスは座布団から転げ、
ギルドマスターは酒の入ったとっくりを落とす
そんでもって震源地に立っているのが碧。
そして呼ばれて登場、俺。
いつものようにぼけをかまし、いつものようにツッコミを喰らう。
まぁ、常人が見たらやりすぎだと思うけどこれいつものだよ。
あとからきたカトリア、冥花にも同じような感じであいさつ&ツッコミ披露。
石段こわしてごめんなさーいww俺のせいじゃないよww
そんでもって、川に投げ出されたユリはそのまま温泉へ。
俺はフラグ立てた。蹴られた。


第二十七話

そのまま上空へ。止まるんじゃねぇぞ…
まぁ。華麗に着地しますよーん。
って俺は迷惑人じゃないwwwいや迷惑人かwww
うん、お手玉されちゃった☆

その後碧があいさつ回りするから俺もついていく!まるでピク○ン!
そしてデジャブ。
あとニーリンは碧の実力を見抜いたとか。まぁ碧は化物だったからわかる。
その後もDE-JAVE祭り。
しばらく寝とけといわれて寝ようとしたら埋められた!
ツバキに引っこ抜かれたから思わずピ○ミンみたいに…と思ったら回し蹴りくらいました。いたい。

その頃の集会浴場だが…まだはいってないんかーい。
そういうのに全く抵抗のない碧、なぜ一緒に入らないんだ?と。
んでアストと会話。俺がいないからデジャブはない!やったね!
そしたらなんか下品な男が暖簾を潜っていったんだ。
碧「よし、あいつら絞めるぞ。あっちは俺に任せろ」
ということで、一人はアストによって殴り倒され
もう一人は…関節はずしからの、わざと痛いように戻す。しれっと鬼畜
そんでもって空気を読んで退場。


第二十八話

あーあ、俺取り残された。
久々だから共に行動したい云々言ってたらマゾ疑惑かけられた。
んなわけあるかーいwと言っても口調がこれじゃぁなぁ。まぁいいや。

炎「そういえばだがこの太刀結局あいつに渡す事なかったな。まぁいい、昼飯は丸薬。はっきり言おう、味は保障しない」

登録済ました碧に俺はあと100秒で飯ができるとある曲流して登場☆
やっぱり地面に埋められたよ。
そんな俺をスルーして農場へ。
農と出会う。そんでもって飯のことを伝えたらしい。

さぁ昼飯だ!!
ちゃっかり埋められていた俺も戻ってきていますよ。そりゃね、うん。いただく!(リボン○風に)

炎「ナルガ、ドボル、ジンオウガが連携して襲い掛かってくる。まぁうん、よくやるよ。たいしたものだ。だが…」


第二十九話

相手が悪かった
わざと相手の思惑通りに動いて、決まったかと思ったらあいつはいない。
ドボルのコブを切断し、そこへ内部爆発を目的とした弾を切断面からぶちこんで、爆破。
ディフェンサーをぶちのめして満足そうに笑う。
ストッパーにたいしたことは出来ない。注意を向けるのが目的なのは承知の事
ナルガをジンオウガの雷拳にぶつけて昇天。
あとは散れの一言
やはり自身の力でした。

さぁ俺のターン!
飯を食べる速度も超速だぜ!よい子はゆっくり、ゆーっくり食べるんだぞ。
あ、霊華はいつもの感じ。絶句するわな。それを知ってる人以外は全員。
そんでもってカトリアがその状況を切り開いた。
あとライラがユクモの木がほしいって。そんなの俺のボックスにいくらでも(ry
あぁ、碧が俺と組むって言った。そりゃそうだよね。俺も賛成ですわwww
マゾ+ホモ疑惑wwwいやー、自重wwwwとか言ってたら碧に窓からぽいされた。
まぁ、俺たちが組むのはちゃんと理由はあるけどそんときは言わずじまい。
俺は天井裏から帰還。


第三十話

そして颯爽と姿を消す俺と碧であった…
というのも、何か感じたんだ。渓流に何か。
あとオーラブラキンこわーいwww的なこと言ってたら殴られた。
まぁ、あれって炎の力だよっていったら久しぶりに驚く碧を見た気がする。
炎ってのは化物だよっと言っておいた。納得した。さすが碧。

炎「なぜお前らがくる…姿隠すか。どうせ力の波長は強くない。運悪く出会ってもあいつらなら余裕だろ」

現場に到着!!
でも終わった後みたい
出番なしか〜残念。次のところにいこうっと。
…その後に現れたみたいなんだよなぁ。何で気づかなかったのかなぁ。まぁいいや、サァ行くか。

その頃ツバキと残妖、ペア行動。
そんでもってドスイノシシ狩りに渓流へ。
鬼斬破とか相性抜群じゃんwww

あとアスト、カトリアは砂原に来ていたよ。
いちゃついてたよ。狩場でデートかぁ…いいと思うよ。
まぁ、ラングロトラさんが入場しちゃったんだけどね。わけありの。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.771 )
  • 日時: 2017/11/10 00:09
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: toCK14Vf)

第三十一話

炎「…俺からか」

奴らが去った後に気づいたのだが、力ってものは適合するものが持つわけじゃない
比較的弱いものなら、それに適合するものから上に存在するモノに取り込まれていてもおかしくないわけだ
で、ある咆哮が聞こえたから特定は容易だ。
問題があるとするなら誰か来ているということ
…TダメDX測定不能、装備

地「おかえり!ただいま!」

火山にきたよ〜ん。
なんかいるかな!わっくわくするぞ!

その頃の農場はハチミツプロトタイプができたみたい!
はちみつくださいですじゃwwwうわへへwww
あ、ハチミツとるときはちゃんとした服をつけるかT○KIOを呼ぼう!
そんでもってハチミツ完成です。

そんでもって、渓流。
ユクモの木集めに来た二人だったけど何かがおかしい。
小型モンスターに出会わないぞぉ!
エリア7に答えはありました。
目標のドスイノシシはすでに虫の息
止めの踏みつけくらって昇天。
その正体、ゴーヤでおなじみなあいつ。
まぁ、実力が下位相当な二人にとっちゃ怪物だよねぇ
エリア4へ逃げるんだぁ…勝てるわけがないよ…!
でも恐怖で足が動かないのはよくあるよね。残妖、こける。
酸性の唾液がせまるが、ツバキの機転でそれは回避。
ただしツバキにロックオンしちゃった。今思えばこいつも弱点雷じゃないか!
残妖、とにかく逃げる


第三十二話

恐怖でおかしくなるのはよくあること。俺はない。いやあった。
自身の限界を超えた恐怖は、時に身体の自由を奪うわけで。
こんときの残妖はまぁそういうこと。
己の無力さを悔やんでいたその時、悪魔降臨。
正体は炎だよ。特徴的すぎるからすぐわかりました。
んでもって今の状況を伝えようにも、言葉もうまく出せない。
まぁ、炎はあっさり察したから残妖に
『あとは俺に任せろ』
と言っていっちゃった。
うん、何よりも安心できるよね。炎のその言葉

その頃、砂原のラングロトラだが、何かがおかしい。
アオアシラを強化した感じだよーんと書いてある図鑑とまるで違う。
思いっきり知能を生かして戦ってきているじゃぁないですか!
カトリア人質にじわじわと攻め立てていくスタイル。
それ間違えても俺と炎にやるなよ。特に…あの三人を人質にしたら…な?

んでもって火山。
フロギィがいっぱい!!
これが真・狩人無双ですかぁ。
まぁ、まっすぐ進もう。それだけ。

話を戻して渓流。
怪物的なゴーヤ相手に善戦するツバキ。
が、怒り状態にしてしまったのがまずかったか
尻尾のなぎ払いでぶっとばされ、そのまま拘束される。
おまけに右肩食いちぎられる。うわー、炎がいてよかったな。これ普通ならハンター生活引退もんやでぇ。
もはやここまでと悟ったのか、ツバキ、アストにユリのことを託し、意識を離そうとする
だが、そうはいかない

炎「間一髪もいいところだ…」


第三十三話

炎「諸事情」

メテオ・インパクトは要するに隕石の衝突を俺自身が隕石にあたいする力でぶち込む技。
まぁ、普通なら即死するが、ステ強化によってダメージ軽減されている
だからどうした
牙を砕き、爆発で全身を燃やし、最後は…斬滅。
ついに残骸を焼却。師の炎は相変わらず理解の範疇を超えている…闇属性か何か?
戦闘終了。まぁ、こんなの狩りでもなんでもない。一方的すぎるからな
まぁいい、そんな俺に呆然としていたが、そんな状況でもないな。右肩が死んでる
治癒力向上と、少しだけ回復の力を使ったが、万全な状態ですら不完全なもんだから自壊が起こるわけだ
右腕引きちぎった。見るなといったのに何見てんだ
とりあえずベースキャンプに連れて行く。あいつが待ってる

地「そして俺のターン」

まぁ、期待通りの活躍をするのが炎なわけで。
ツバキをつれてBCへ帰還
それでもあいつはたいしたことはしてないってさ。まぁそうなんだけど…
それを見届けて炎は退場。
人間じゃない人間を目の当たりにしたツバキ…
今はそれどころじゃないよね。右肩あれだから。
とりあえず村へ帰る

炎「さて、まずは砂原だ」


第三十四話

敵がいっぱいいるならば、司令官てきな奴を落とせばいい!
まぁ、これはリーダー的な奴が崩れたら総崩れになる場合だけだ!そうじゃないときもある!
そんでもって突撃したんだが…
赤い、赤いぞ!!
そんでもって、まさかのシ○ア。
あ、無殺傷です。

炎「それにしても、あれは俺が治さないといけないな…槍また撃っておくか。俺と奴以外装備はできない槍だがまぁいい、矢の代わりにしてしゅっと。あとは…それとは違うが、これも俺と奴だけが使える槍。それで赤い巨体を…撃つ」

一方、退屈そうな冥花、眠いから木陰へ。
そんでもったら炎が撃った槍が河にどぼーん。
あ、独り言に反応したわけじゃないから安心して。
槍は軽いよ。でも装備して使えないよ。
手紙は残妖とツバキに夜になったら渓流に来いって。
それ以外がきたら容赦なくぶちのめすってさ。こわーい。

そんでもって砂原。
どうしようもないアストとカトリア、このままかと思った時にそれは起こった。
上空から槍がずどんと。
そんでもって上空から悪魔降臨。いや、本当に悪魔降臨だっての。
アスト、炎と目が合う。
このときの炎は殺気なし。でもまぁ上述の通りだから怖いわな。
虚勢を張ってるが、炎は正直見抜いている。
カトリアのために水を渡してその場を去る。

そして…水没林でナルガを即殺して即退場。
軽い悪夢だと思うよ

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.772 )
  • 日時: 2017/11/10 18:03
  • 名前: 名無し (ID: rpU0ieJ2)

〜狩人〜
第2話 不運

現在地 未知の樹海
精鋭部隊に編成されたシュウ、リコ、ユウキ。
彼等は先遣隊として、初日に安全策を立てれる様に
少しだけ進む様に言い渡される。
普通なら緊張感が多く寄せるはずが
リコとユウキは女子トークに励んでた。
シュウ「…君たちは緊張感がないの?」
思わず突っ込んでしまった。
何せ、二人は面白そうに話してたからだ。
リコ「勿論、警戒してる。でも今は敵が来てないわよ」
ユウキ「ねぇねぇ、それからどうなったの?」
悟った、もうこれ以上突っ込んでも無意味だと。
シュウはこの付近で一度だけ調査に来た事があるからか
彼が昔に辿った安全なルートが使えるか調べてる。
シュウ「…大丈夫そうだ、撤退だ」
そう言った次の瞬間、4つ程の鱗が飛んできた。
真っ先に感ずいたシュウは鱗を断ち切った。
シュウ「避けろッッ!!」
二人は横に回避した。
太刀で鱗を2つ両断したが、もう2つは地面に
刺さった。
ユウキ「一体どうなってるの…?」
彼の隣には、不安を寄せたユウキがいた。
飛んできた鱗に見覚えがあるシュウはこう言った。
シュウ「大丈夫だ、俺がお前らを守る」
安心した顔を持つユウキがいた。リコは合間を空け、こう言った。
リコ「カッコつけたつもりかしら?w」
シュウ「その発言で死にたくなった」
その後、直ぐに刃を纏った龍が来た。
そう、つまり彼だ。
シュウ「セルレギオス、ここで命を絶たせて貰う」
千刃竜セルレギオス。生態が希少だと言われてたが
最近、多くの群れが空を飛んでたと報告があった。
シュウが刀を抜いた。
落下と同時に爪で八つ裂きにしようとするセルレギオスを
カウンターした。
太刀の刃を激しく消耗するカウンターだが
黒刀【参ノ式】には無力に等しいレベルだった。
シュウ「ハアッッ!!」
カウンターの直後、直ぐに気刃斬りを起こした。
爪のカウンターで怯ませた分だけあり、
頭部に命中させられた。
リコ「…あれで最強なら、私が上よ!」
尻尾を狙い斬りかかった。
セルレギオスも対抗すべく、尾から刃を飛ばした。
リコ「遅いわよっ!」
難なく回避したリコだがセルレギオスの眼は
リコに定めた。
シュウ「チッ…マズい」
危機的状況だと判断したリコは
秘技を出そうとしてる。
セルレギオスは突進してきた。頭部が刃だから
当たれば致命傷を負う。
リコ「私を並みのハンターだと思うなぁ!!」
ギリギリの所で眼を斬ると同時に
一本の剣で回転斬りした。
セルレギオスの頭部にある刃はその斬撃で
完全に折れた。同時にセルレギオスは転倒する。
シュウ「体力を削らせたら本部まで誘導するぞ!」
リコ「了解!」
本部に大砲が仕掛けられてる事を
既に知ってる二人は誘導し、千刃竜を砲撃で
倒そうとした。
しかしセルレギオスは怒り状態へと以降した。
ユウキ「二人共、頭部から離れてッ!」
聞いた二人は直ちに回避した。
回避と同時にセルレギオスの顔は
眼が失明し、鱗の四割が砕けた。
シュウ「よし、誘導するぞ!」

現在地 調査本部
アヤト「しかし本日はありがとうございます、カリスタ教官」
教官「教官として、当然の事をしたまでです」
シュウ達が絶大な狩の中で、二人は茶会をしていた。
他の団員は筋トレさせてるらしい。
ハンター1「失礼致しますッ!」
緊迫した表情で入室した。
異例の事態だと察知したアヤトと教官。
アヤト「どうした?」
ハンター1「先遣隊が到着して状況を伺った所、千刃竜が迫ってくるとの事です!」
二人は驚いた、何せセルレギオスがこの付近にいると
分かったからだ。
アヤト「砲撃の用意だ、柵を作り防衛線を立てろ」
教官は観測隊でセルレギオスの事を観測した事があるのを
思い出した。
教官「群れで来る可能性もある、警戒してくれ」

現在地 防衛線エリア
シュウ「戦うは逃げるは…流石に疲れる」
バテてる中、支給に携帯食料が配られる。
リコ、ユウキは本部で待機となった。
シュウ「元帥の指揮はどうかしてるな…」
そんな事をつい口にしてたらアヤトと
他の団員が来た。
アヤト「まぁそう愚痴を言うな、狩り場だぞ?」
正論すぎてシュウは論破された。
気に食わない様子だが、気を引き締め
迎撃に当たった。
アヤト「砲撃で奴が落とせたら、殺れ」
シュウ「上手く行く保証はねぇぞ」
イライラさせてる様な口だが
抜刀して、攻撃の用意を始めた。
数分後、セルレギオスが上空でシュウを狙う様に
着陸しようとする。
アヤト「撃て」
無数の砲弾がセルレギオスに当たり、落下した。
それと同時にシュウは自己流狩技を放った。
シュウ「激烈迅・斬乱ッ!」
居合斬でセルレギオスの脳が一刀両断された。
だが序章に過ぎない攻撃だった。三秒後に爪や尻尾が
折れたり、切断されたりするなどの
無双連撃が相次いだ。
無論、居合斬だったから本人は無双せず
居合が全てを断ち切った。
アヤト「…よし、死亡確認。迎撃完了だ!」
歓喜の声が挙がる中、未知の樹海奥深くでは
強大な力が蠢いていた。
続く。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.773 )
  • 日時: 2017/11/10 19:43
  • 名前: 名無し (ID: rpU0ieJ2)

〜狩人〜
第3話 作戦

現在地 ユクモ村

セルレギオスの猛攻を凌いだシュウ、リコ、ユウキだが
本部から出てすぐ遭遇したと言う事もあるためか
作戦の練り直しをギルドから言い渡された。
よって作戦の練り直しする間、リコ、ユウキはユクモ村で休暇が
化せられた。

ユウキ「いやぁ、まさか入っていきなり休暇とは…」
嬉しそうな表情がそこにあった。
そしてユクモ村に来るのはユウキにとってチャンスでもあった。
リコ「何でそんなに嬉しそうなのよ?」
疑問を持って聞いた。
ユウキ「最近、ユクモ村で成長促進温泉が有名らしいんだぁ♪」

現在地 龍歴院会議室

シュウは龍歴院上層部からの召集に応じるべく
一旦、二人とは別行動をとった。
研究員「突然の召集、すまないな」
シュウ「構いません、では召集理由をお聞かせ願えますか?」
流石にシュウもいつもの威勢は通用しない。
上層部は、とんでもない権限を持ってる人が多い。
下手な発言をすれば、即刻投獄される。

研究員「話が早いね、では理由を話すよ」
シュウ「お願いします」
少し間を入れた研究員。
そしてこう言われた。
研究員「シュウ、君を四王の座に入れたい」

四王とは、世界最強の座。
現在はアヤト、カゲマル、カナがいる。
前任にリュウと言うハンターがいたが殺害され死亡した。

シュウ「そんな…僕にそんな力はありませんよ?」
やりたくない意思があった。
座に居座れば、確実に狙われる。
それだけを考えてた。
研究員「君以上の代役はいないんだ…頼む!」
シュウ「…分かりました、承けましょう」
逃げれない事を悟ったシュウは了承した。
これによって新聞に彼の名が渡る。

現在地 ユクモ村 女湯

ユウキ「これで育つかなぁ♪」
先程、ユウキは成長促進温泉について耳にした。
そして現在、その温泉に浸かってる。
目的は胸を大きくしたいと言う理由らしい。
リコ「…貴方、歳はいくつだっけ?」
夢のない質問をした。
ユウキ「…18歳だよぉぉお!!」
…これ以上は書けない、流石に虚しい。

現在地 ユクモ村 宿

リコ「あぁ、美味しかったぁ!」
ユクモ村では野菜が多く採れる。
温泉玉子もあるので、調理法も豊富だ。
ユウキ「うんうん!美味しかったよね!」
そしてシュウもたった今着いた。
ユウキ「ふっふ…もう夕食は終わっちゃったよ!!」

シュウ「ベルナ村でチーズ食ったからいい」
自慢気に話す。ユウキも物欲しそうにこう言った。
ユウキ「えぇ!?そんなぁ…」
がっかりしてる。でもリコはそんな事より
別の事について聞きたがってた。
リコ「何しに龍歴院に行ったの?」
物知りそうに聞いた。
シュウ「明日の新聞見てみれば分かる」
そう言い、部屋に戻った。

朝になった。リコはすぐ新聞に眼を向けた。
二人は驚愕した。何せ、シュウが四王に加入した事が報じられてるからだ。
シュウ「おはよー」
二人は走って新聞を持ち目の前に現れた。
それは死に物狂いでね。
リコ「これはどう言う事よ!?」
それはそうだろう。何せメンバーの一人が四王入りしたから。
シュウ「昨日、四王入りを言い渡された」
シュウ「同時に実力をテストされてね、その結果がコレ」
二人は驚愕と驚きを隠せない様子だった。
そしてユウキの夢が少し叶い、胸が少しだけ大きくなった。

現在地 調査本部

アヤト「こんな感じかな?」
作戦の決定と同時に地位などが決まった。
急遽、手紙で召集と同時に作戦を伝え、調査を開始させようとする。
続く。

元帥 アヤト
団長 シュウ
副団長 リコ ユウキ
幹部 カゲマル カナ ユキ

次回からこれ等のハンターで狩かな

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.774 )
  • 日時: 2017/11/11 00:09
  • 名前: 名無し (ID: EVG8I1uH)

〜狩人〜
第4話 四王

現在地 調査本部

シュウの四王入りがあった影響もあり、調査隊のメンバーは大いに異なった。
様子を見るに当たって現在は四王で狩を行う。
元帥が前線に出るに当たって、副団長が防衛の全権を担う。
アヤト「…と言う事にした、何か質問ある?」
辺りは沈黙に陥ってた。そんな中、ひとりだけ手が上がる。
リコ「何故シュウが四王入りしたの?」
彼女は最強になろうとしたが、四王の座を横取りされ
嫉妬してる。

カゲマル「それは、君より彼が強いからだ」
その発言が出た後、リコの片手剣が抜刀された。
狙いはシュウだ。殺意を抱いてる。
その刃を元帥であるアヤトが受け止めた。
アヤト「何故そこまで強くなろうと?」
疑問を抱いたアヤトは質問した。
冷酷な表情でこう言った。
リコ「彼を越えたいから、それだけ」
そしてカナはこう言った。
カナ「強くなりたいなら、剣術を高めなさい」
そしてこの会談は区切られた。

現在地 BC

シュウは悩んでた。以前リコに言った発言が
彼女を変えてしまったんじゃないかと。
アヤト「どうしたんだい?」
手を差し伸べるかの如くやってきたアヤト。
茶を用意してから語った。
シュウ「…お前らは俺の実力を見て四王入りさせたな?」
ひっそりと言った。薄暗い表情で語った。
心に闇が差し掛かってる様だった。
アヤト「そうだよ、それがどうかしたかい?」
シュウ「俺はまだ実力を隠してる」

カナとカゲマルは驚いてたが、アヤトはいつも通りだった。
ただ、いつもより険しい顔だった。
アヤト「なら証明しろ、それを狩でな」
挑発すると同時に奮起させようと
大声で言った。

現在地 未知の樹海

シュウは本気で獲物を駆ろうとした。
防具は以前と同様、アスリスタX
だが武器は違った。
双聖剣ギルドナイト、切れ味と共に上品質だ。
だがシュウのは尖った部分が少し欠けている。

アヤト「その剣が本気かい?」
いきなり訪ねてきた。
だが聞いて無視するように道を進んだ。
ある程度進むと、前方にテオ・テスカトルがいた。
アヤト「突き進むぞ」
その判断が後々シュウの怒りを爆発させる。

戦闘開始だ、敵は早速爪を使い粉塵を撒き散らす。
カナ「えいっ!!」
大砲弾を敵の頭部に直撃させた。
普通なら破壊可能だが、今回の相手は違う様だ。
カナに座標を定めたテオ・テスカトルは
粉塵大爆発を引き起こそうとする。
カゲマル「そこ通りまぁす♪」

カゲマルが後ろからランスを突き刺し転倒させる。
転倒したテオ・テスカトルは起き上がろうとするが
先にアヤトの攻撃で頭部を破壊される。
アヤト「尻尾は頼むぞ?シュウ」
シュウ「ラセンザンッッ!」
先端が尖ってないが、尻尾が小さい影響もあり
抉る前にすぐ切れた。
アヤト「さて、ここからが本領か」
部位破壊の連続で衰弱しきってるはずが
逆にド怒りに陥った。

テオ・テスカトルは自分の位置に粉塵を撒き散らした。
後にカゲマルに向かって粉塵ブレスを吐いた。
バックステップして距離を取ったが、その後直ぐに
間合いを詰め、爪を振るった。
カゲマル「うおっ!盾がなかったら死んでt…」
爪が盾を打った直後、直ぐに粉塵爆発を引き起こした。
爆発範囲が広かった為、運悪く直撃してしまった。
アヤト「油断大敵。カナは支援砲撃、シュウは乗りだ!」
二人「了解」
三人は散開して隙を突く作戦に出た。

しかしヘビィボウガンを担ぐカナは直ぐに追い付かれた。
ブレスを吐く、だが緊急回避で何とか離脱した。
カナ「逃げないと…!」
だが言うも束の間、大爆発を喰らった。
今回のテオ・テスカトルは予知能力を持ってる為
知性が多い。今生き残ったのは二人だけだった。

シュウ「撤退するべきだ!」
アヤト「ダメだ、討伐するまで撤退はしない」
このままでは殺される。
普通ならそう考えるが、彼は違った。
シュウ「なら俺独りで殺らせろ」
単独行動だ、普通なら死亡確定だ。
無論、その意見を否定するアヤト。
アヤト「よせ、流石に一人では…」
次の瞬間、シュウに溝うちを喰らうアヤト。
倒れ混む三人、残るはシュウのみだった。

シュウ「お前の相手は俺だ」
テオ・テスカトルは殺意をシュウに集中させる。
そして間合いを詰め、爪を振りかざそうとした瞬間
シュウは双聖剣ギルドナイトで攻撃をガードした。
だが粉塵爆発が起こる。
流石に死んだと判断した敵は、背を向けた。
次の瞬間、翼に傷が入った。
後ろを振り向くと黒い気を纏ったシュウがいた。

ブレスを吐こうとした瞬間、直ぐにシュウから間合いを詰め
大技を出そうとした。
シュウ「体久連斬…極致」
ブレスが吐かれても一切怯まず切り刻んだ。
距離を取ろうとした敵だが、シュウの方が速さを裏回り
後ろをとった。後にジワジワを敵を切り刻んだ。
5分ずっと切り刻んだら、敵が先に倒れた。
黒い気を解くと同時にシュウは倒れこんだ。

現在地 調査本部

気が付けば治療室にいたシュウとカゲマルとカナ。
シュウの隣には、ユウキが座ってた。
どうやら、無理をし過ぎたらしい。
アヤト「…起きたか」
多少、アヤトも負傷を負ったらしい。
溝うちは大丈夫だったらしい。
アヤト「お前の恋人さんを起こしてやりな」
シュウ「変な言い方するなぁ」
焦ったシュウだが本人は
余り気にせず起こしてあげた。
ユウキ「うぅぅん…」
シュウ「起きろぉ」
起きそうにない、先に会議室に向かった。

会議室で聞かされた話だと、俺は無意識に狩技を
放ったらしい。しかもテオ・テスカトルの死体はとんでもない
形だった。片翼を切断し、顔の半分を両断してたらしい。
エグいと思った。
ケガの完治を兼ねて、約1ヶ月の休暇を頂いた。
続く

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.775 )
  • 日時: 2017/11/11 00:54
  • 名前: 名無し (ID: EVG8I1uH)

〜狩人〜
第5話 初デートは混浴?(今回R15指定)

現在地 ベルナ村 自宅

シュウ「…ひとつ聞いていいか?」
ユウキ「なに?」
シュウ「何で3日連続も添い寝する?」
最近、大乱闘とも言える狩で負傷したシュウには
1ヶ月の休暇が与えられた。
そんな中、ユウキはリコがいないことを
利用して、愛し合いたいらしい。

ユウキ「嫌ならデートして?」
色気を利用して誘惑するが、
流石に釣られたりはしなかった、釣られてはない。
シュウ「ヤダ」
ユウキ「なら今から愛を確かめ合うのは…」
シュウ「それはもっとダメだ」
いくら狩が休みだとは言え、
淫らな行為はしたくないらしい。
何より初体験はね。

ユウキ「ならユクモ村で温泉に浸からない?」
突然の名案だった。
最初はシュウも警戒したが、
ケガの完治をする為にも行くしかなかった。

現在地 ユクモ村 温泉宿

ユウキが紹介した宿にチェックインして、荷物を起き
温泉に向かった。あんな事やこんな事する宿とは知らずに。
そして脱衣場についた。
ユウキ「混浴って初めてだなぁドキドキ」
そう、今回ユウキが選んだのは混浴温泉だった。
しかもシュウは今回温泉が初めてなのを利用して。
シュウ「何だ、ユウキも初めてな場所か」
騙されるなシュウ!そして憎いぞシュウ!
おっと失礼、つい感情が。

現在地 夢の脱衣場

シュウ「…何で男女一緒なの?」
流石に疑問を抱いたシュウだがユウキ
が説得して、納得してしまう。
ユウキ「内心 裸の状態で抱き付いたら興奮するのかな?」
発情期なのだろうか、
妄想がとんでもない所まで行ってる。
あ、この先は書けません。紳士がこれを読んでるなら
敵扱いされるけど、後で萌えるはずだから。
んじゃカット

現在地 室内

もう寝る時間だ、時が経つのも早い。
そんな中、シュウとユウキは夜の営みを知る…?
シュウ「もう寝ようかな?」
ユウキ「待って、まだ寝ないで//」
頬を赤くして、いきなり脱衣し始めた。
シュウ「いきなりどうした!?」
もう手遅れだ、下着まで脱いだ。
胸が少し大きくなったと密かに思ったシュウ。

ユウキ「今日はこのまま…寝よ?」
勝てないと判断したシュウは衣服を脱ぎ
遂にユウキとキスした。
シュウ「もっとヤりたいベッドでね」
ユウキ「うん//」
そんな休日が二人にあった。

ヤり終わり睡眠に入ったシュウとユウキだが
シュウは魘されてた。
回想
○○「ゴグマジオスめ…」
シュウ「ダメです、もう砲弾がありません!」
○○○「クソ」
嵐の中ゴグマジオスとの対戦は、シュウにとって
トラウマでもあり、宿敵でもある。

シュウは眼を覚ました。
だが夜だったから、ユウキに抱き付いて寝た。
続く

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.776 )
  • 日時: 2017/11/11 18:09
  • 名前: 名無し (ID: EVG8I1uH)

〜狩人〜
第6話 シュウと黒龍

現在地 ドンドルマ アリーナ

以前戦ったテオ・テスカトル戦での戦果を見たら
ケガ等が多くあった為、アリーナを貸切状態にした状態で
四王総出で会議を開いた。

アヤト「…今回の討伐戦では申し訳ない」
いきなり謝りを見せた。当然だろう。
カゲマルは片腕を失い、カナは大火傷を
負ったからだ。シュウも火傷やかすり傷が
あり、致命傷を負ったのだから。
カナ「…気にしないで、期待に答えられなかったのは私だし…」

自画自賛する四王。そしてカゲマルは
みんなにこう告げた。
カゲマル「俺は四王の座を降る」
突然だったせいか、みんなは
驚いた。
シュウ「確かに片手剣しか使えなくなるからな」
そう、片手剣となれば降りるしかない。
何よりも片手剣はリコが最高レベルだからだ。

シュウ「…アヤトはどうするつもりだ?責任を負い、座を譲るのか?」
密かに言った。今までアヤトは約10年も四王にいる。
降りるには等しいが、ギリギリの所でいつも生き延びたらしい。
アヤト「時期的にそうだろうな、歳も老いてきた」
苦笑いしながら答えるアヤト。だが
そうなれば現在行ってる調査が中止される。
カナ「…せめて調査が完了してから座を譲ればいいんじゃない?」
みんながそう思った。ハンターとして
責任を持って調査しなければ、失った人々が
満足しないからでもある。

そんな静かな時が過ぎる中で
迷いを断ち切ったアヤトはこう口にする。
アヤト「…なら、ハンターvsハンターで戦ってみるか」
この発言が出ると後に
全国のハンターが燃え上がった。

現在地 ベルナ村 自宅

対人戦を闘技場で行うと新聞で報じられた際に
遂にシュウはとある剣を手にする。
その剣は「ザ・リーダー」だ。
だが剣は一本しかなく、片方は刀身が折れてた。
ユウキ「ねぇねぇ、その剣はなにぃ?」

居候するユウキが訪ねてきた。だが
それをシュウは少し嬉しげに思った。
シュウ「…俺の宝物だ、触るなよ?」
そう言った直後、抱き付くユウキ。
ユウキ「隠し事しないでよ〜!教えてぇ♪」
惚れてしまったシュウは言い掛けたが
暗い過去を思い出し、やっぱり隠す事にした。

シュウ「大切な人がおねだりしても、言えない事はある」
つい告白してしまった。
彼にとっても、ユウキは癒しだったのかもしれない。
ユウキ「えっ…大切な人って…//」
シュウは思い出したらしい。
昔バルバレで遊び、互いにハンターになろうと
約束をしてた事を。
ユウキ「じゃあ、宿でやったアレは…」
シュウ「あぁ、お前を愛してるからした」
余りにもバッサリと率直に言ったがユウキに
とっては、嬉しいと幸せがあった。

現在地 アヤトの自宅

アヤトの自宅はナグリ村にあった。熱の激しい
村であるため、基本は家で暮らしてる。
アヤト「…調査を離脱するのは許さんぞ?シュウ」
裏口から侵入したシュウ、だが
あっさりとバレた。
シュウ「…要件は、調査をユウキと二人で行いたい」
更にあっさりと要件を口にする、二人は鈍感だなと思う。
アヤト「…調査任務がデートでいいのか?しかも二人だと危険だぞ」
危険だと言う事を忠告するアヤト。
だが、シュウもそこまでバカではない。
シュウ「俺が彼女を守り、彼女が俺を守って戦えばいいだけの話だと思うが」
どうやら信念が固いと感じたアヤトは
深く警戒するのを止めて、許可を出した。

回想

現在地 シュレイド城

伝説と言われた黒龍、それと対等する三人のハンター。
リュウ「ハアッッ!!」
彼はザ・リーダーを黒龍の眼球に刺した。
猛威はそれだけでは無く顔全体を斬り捌く。
シュウ「砲弾を撃ちます、気を付けて下さい!」
砲撃した、翼に命中したものの、部位が固く
破壊出来なかった。
そして座標をシュウに向けた黒龍は、
球体ブレスを吐こうとしたが、それを
拘束弾で止める。

ユキ「シュウ、大丈夫!?」
心配そうに言ってたが
直撃する前に動きを止めた事もあったので
無傷だった。

回想終了

現在地 ベルナ村自宅

ベッドでいつの間にか寝てたシュウ。
そして気がついたら夜だった。
ユウキ「どうしたの?魘されてたけど…」
心配性なのか、以前の調査より心配してる。
そして新婚生活かの様な感じになってた。
シュウ「…何故に飯が作られてる?」
疑問と同時に苦笑いが生じたシュウ。
そして感づいてる人もいるだろう。
ユウキ「あ、そうだったそうだった!」
間を開けてこう言った。

ユウキ「ご飯にする?お風呂にする?それとも私?」
シュウ「…」

続く

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.777 )
  • 日時: 2017/11/12 14:15
  • 名前: コハゼ (ID: eTLYYbEq)

第三章<戦車の白鬼>

「ー・・・で、そうね、最後は実習よ!そうね...貴方だとドスマッカオかしら...って聞いてるの!?」

「聞いとる、聞いとる。」

「適当な返事!...良い?まずねぇ、食事、狩り、そして人の話を聞くときはフードを取るのがマナーよ!覚えておきなさいっ!」

 不意討ちでリンが立ち上がり、目が追い付かない程のスピードでゼンキのフードに手を伸ばした。
 まぁ、あくまで一般的な感覚だが、

「ふ、させるか。」

 ゼンキが椅子を軽く退いて手を避けた、と同時に、

「って。」

「「「 あ 」」」

 後ろで立ち話をしていた男三人の内一人の足に椅子が当たった。
 その男が優しかったら良いのだが、そう運は良くない。

「おい、こら、兄ちゃん。足に当たったんだが?イースーがっ。」

 肩幅が広く、どっしりとしたいでだち。顔には歴戦の傷と思われる細かな傷跡があちらこちらに。角刈りで、目付きの悪い、全身をネセト装備で固めた男。

「えらいスンマセーン。お詫びに薬草あげますわぁー。」

「...なめてんのか?あぁ?そんなもん要らねぇんだよ。金だよ、カァーネェー!」

「はわわわわわわわ!」

 ネセト男がゼンキの胸ぐらを掴みあげる。その顔はいかにも怒ってますよ、といった風だった。
 ネセトという事は推定HR13以上。自称HR11のリンも強く言えず、と言うか怖すぎて目を回す始末。
 唯一動いたのは、

「おい、貴様ら!そこまでーー」

「ゲーイルさぁん。よしましょうや。別に自分こんなネセト野郎、相手にしませんで。二人は飯おかわりでもしといて下さいなぁ。」

「ってめ!初期防具の癖にあんまり調子乗ってるとっーー」

「あんま調子乗ってっと.....おどれらいなすど...。」

 マカルパフードの中、僅かからみえる空虚の眼光。モンスターにも似た攻撃的な瞳。瞳孔が縮小し、男を金縛りにも似た感覚で襲う。堪らず男が掴みあげていた手を緩める。

「そー!それでええんよ?そのまま下ろして下さいな♪」

 先程の冷たい眼光は何だったのか、殺気のような物が緩みネセト男が馬鹿をした。

「ゼンキさん!」

 リンの声が響いたと同時に、男の拳がゼンキの頬にめり込む音が響いた。
 そのまま吹っ飛び、ゼンキの体が地面に叩きつけられる。

「大丈夫か!ゼンキとやら!」

 ゲイルとリンがゼンキに歩みより、支える。衝撃でゼンキのフードがずり落ち、顔が露になる。

「アカン!」

 太陽に反射し、輝く白髪、男ハンターには珍しい、と言うか、病的なまでの肌の白さ、そして目の色。
 眉毛どころから睫毛まで、そして黒目も、黒ではなく、全てが白だった。
 余計な色は一切なく、真っ白で、色が全て抜け落ちたような、白だけを見ている感覚。
  【アルビノ】
 フルフルと同じ要領だ。
 人間がなるのは極めて少ない。未だ三人しか発見されておらず。

「カルラカ弁...大剣...それに何よりの証拠っ...アルビノ...お前っ!」

 ネセト男が目を見開き、唖然としたまま、口を開いて小声で言った。

「白鬼...戦車の白鬼っ...!」


      【戦車の白鬼】
 彼は元々カルラカ村という全く無名の村の、田舎者であった。
 ハンターに憧れ、僅か齢五歳にしてハンターとなる。
 まだ幼い事から卵の運搬、キノコの納品、魚釣りなど、どれも命をかけないものばかり。
 ある日の事、卵の運搬クエスト中、彼はモンスターに襲われる。龍歴院が慌てて捜索隊を出隊させるも見つからず。幼い故、そのまま死と、考えられた。
 七年後である。
 彼は、変わり果てた姿で帰ってきた。髪の色は抜け落ち、病的なまでに全身蒼白で、目に光はなく、まるで何も見えていない者のような虚ろな眼だった。
 彼は後に語る。
“フルフルに喰われた。気づけばこの姿で倒れていた。この七年間、何も覚えていない”と。
 彼の体にはアルビノエキスが多量に含まれていた。アルビノは大変日に弱く、光に当たるとたちまち肌は赤く腫れあがり、一時間もすれば命を落とすと。
 しかし、彼の身体能力は凄まじく、只の村人にするには惜しかった。龍歴院の研究員は死に物狂いで短時間なら
日に当たっても大丈夫な薬を開発。しかしあまり服用しすぎると耐性ができてしまうため、狩りの時のみ。
 彼は次々にモンスターをたおしていった。
 あの巨大な砦、と言われたアトラル・カを一人で、更にはクシャルダオラ、ラオシャンロン、ミラボレアス等。幾つもの危機を救い、しかし傲らず。
 誰もが彼の名を知っている。
世界の英雄、「戦車の白鬼」の名を。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.778 )
  • 日時: 2017/11/13 00:07
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: tiYhj93m)

その世界ではある程度の活躍をしているハンターは何かしらの呼び名がついていた
その中でも逸脱している者達がいた
ただしそれは二人で行動しているときが顕著である。無論、一人で行くときも何かが違うのだが、二人になると段違いになる
そんな彼らのことを多くのものがこう呼んだ

【蒼天】

…その由来がどこからきたかは様々言われているが、もっとも有力なのは彼らの名前から取った説。
本人たちは『別に俺達がつけたものじゃないし…』の一点張り。
まぁ、彼らの名前が偶然にもかぶっているためその説が有力なのも確か。
今回はそんな彼らがその名で呼ばれ始めたきっかけの物語

「さぁて、今日はお猿さんかるよーwww」
「どれだよ」

今は地、碧と呼ばれる者…
かつての世界で呼ばれていた名は『天』、『蒼』
個としての力が並外れであり、その二人が共に狩りをするとなれば、もはやかなう敵は存在していなかった
それほどに他のハンターから見ても何かが違った
今日は地が言うにはお猿さんを狩るらしい。
とはいっても、該当するモンスターが数種いる。それであぁいったのだろう。最も、どれか分かっていてあえて聞いているのだが…

「んじゃ、二人でさくっとボス猿退治にいってきま〜すww」
「やれやれ」

と言って彼らは集会所を後にした



…30分後、彼らが帰ってきてとんでもないことを言い出した

「いや〜まいったまいった。まさかジョーさんが召喚されるとかwww貫通矢で頭から尻尾までどーんとしたかったです。まぁ倒せたし血がほしかったからええけど。」

いやいやちょっとまて、いくら狩場が近いとはいえ、集会所から現地へ向かい、その上対象+乱入も倒した?
いくらなんでも作り話…いや、対象のおさるさんがケチャワチャなら?とその場にいたハンターは思っていた
…が、実際は違った

「終わったから別にいいだろ…はい、狩猟の証。目的のラージャンとなんか狂ってたイビルジョーの。」
『は?!』

彼らが狩りにいっていたのはラージャンだった。
曰く、いつも通りにラージャンを処理しかけたときに地面から生えてきたという。
いやいやモンスターが地面から生えてくるかよと心の中でツッコミをしていたそうな。
そんな化物と出くわして、わずか30分…
いくらなんでもおかしくないか?という疑問が浮かぶ。
それでも碧がギルドの受付嬢に対象と乱入個体の証を提出したのは事実…
だが、どう計算しても早すぎる

「んじゃ次はこれいくぜ〜www」
「…はいはい。」

今度は何に行くか言っていなかった。

「あのー、よかった一緒に行ってもいいですか?」
「はえ?」

と、見知らぬ誰かが彼らに声をかけてきた。
地も碧も面識はない。赤の他人だ。

「あー、俺は構わないけど…」
「俺も構わん」

地と碧は特に断る理由もなく、了承する。
…実はそのハンター、秘密裏に怪しいと思われるハンターを監視するギルドナイトだった
このことは彼らがいない時、その場にいたハンターのほとんどは聞かされていた。
無論、今帰ってきたばっかりでそんなことを知らない二人。なんの疑いもなく普通に接する。

「対象、リオ夫妻。レイアから攻め。場所は近いからうん。いつも通り俺たちやるからてきとーに。」
「…まぁ、このあほがだいぶ意味不明な行動するけど気にするな」
「はぁ」

そうこうして狩場へと向かった

〜遺跡平原〜

「な…?!」

ランダムスタートから目的地についたとき、ギルドナイトの目に見えたのは…
すでに捕獲されているリオレイアだった

「あ〜ごめんごめんwwwレウスもうすぐくるからwww」
「…てか来てる」

開始時間からまだ1分も経っていなかった
また、彼らが受けるクエストは当たり前のようにG級だけ。
そのわずかな時間でどうやって?
…答えはすぐに分かった

「は〜いよっと!」
『!?』

まだ直接攻撃してもまともなダメージになるはずのない位置にいるリオレウスに、地は貫通矢を撃つ。
それは右翼をやすやすと撃ち抜き、リオレウスは墜落する…のだが

「まったく…」

落下位置にはすでに碧が溜め斬りのスタンバイ。
そして地面に落下と同時に…

スパーン!!!!

見事に尻尾を切断した。

「そんで持って頭にどーん!!」
「まったく、俺は背中か?」

といい…
地は頭に連射矢を最も威力の出る距離から一点に放ち、
碧は軽く飛び上がってから背中に切り込む
…後にエリアルスタイルと呼ばれるそれを、彼はすでに行っていた

『くっそ!ふざけるなぁ!!』

ぼっこぼこになりながらも、何とか耐性を立て直したリオレウスは低空ホバリング。
俗に言う、ほとんどのハンターから嫌われる状態だ。
普通なら閃光玉で落とす作戦が定石だが、彼らはそんな事をしない。

「そぉれ!!」

といって地は碧をリオレウスの真上に投げる。どんな力してんだ…
そして自身は跳躍で碧より少し高いとこまで飛び上がる。

「これで終わりにさせてもらう!!」
「よいしょー!!」

と、碧は落下の速度を力へ変えたため斬りを
地も同様にしつつ矢を引き絞る
そして

ザンッ!!!!
ザシュシュ!!!
『ぐああぁぁぁぁ……』

それを頭に命中したリオレウスはほどなくして力尽きた

「…」

間近で、しかも常人の狩りとは何か桁違いなものを見せられたギルドナイトは何も言えず、呆然としていた

「あの〜ww終わりました〜www」
「俺らは素材は別にいいから、あんたが終わるまで待ってる」

そう彼らから言われてようやく我に戻った
そして彼らに一つ質問した

「…すみません、名前を聞く事を忘れていました。」
「あ〜、俺のせいだなwww俺の名前は天だよ〜ん。」
「お前のせいだな。俺は蒼だ。あんたは?」
「私は雷と申します。それともう一つ、貴方達にお詫びしなければならないことがあります」

突然お詫びって何?と首をかしげる二人に告げた

「私はギルドナイトの一員です。貴方達の狩りで何か不正をしていないのか確認しました。そして貴方達の狩りを見て…感激しました。まさかこのレベルまで極まっているとは思いませんでした」

それを聞いた二人は

「そうだったのか?俺たちには普通だが…」
「ほえ〜。まぁ、あんだけ早かったらなwwww」

とまぁ、特に驚いた様子もなかった。
こうして彼らの狩りを見届けたギルドナイトは本部へと消えるように戻っていった


…その後、そのギルドナイトが言ったか知らないが、地と碧の名前は自ずと知れ渡った
その際に彼らの名前をつなげると【蒼天】と呼べることからそう広がった
こうして彼らは二人でいるときは蒼天と呼ばれるようになった
もっとも、実は彼らの驚異的な空中戦が蒼と白のなす蒼天に思えたというのが事の顛末を知る者だけに伝わっているとか…。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.779 )
  • 日時: 2017/11/15 02:11
  • 名前: クルセイダー (ID: erG.r5r9)

ルドガー参戦キターーーーー!!兄さんも!
早速ダイヤ集めに取り掛かる!


ハンターズアドベンチャー 〜エピソード クロス〜

第23話『絶望の大爆発』


ポッケ村行きの飛行船内部にて。
妃弓花はそわそわしていた。
妃弓花『1週間も経ってちゃ、奴らに何かされてるかもしれない…!とにかく、情報を……!』
廻斗『轟華……待ってろよ……。必ず助け出す!』

妃弓花『…………!!』
妃弓花が急に何かを思い出したかのような、そして不安な表情で廻斗を見た。
廻斗『ん?どうした?』
妃弓花『ねえ、恐兄は?一緒じゃないの?』
廻斗『!!! そうだ、恐太も……!』
妃弓花『恐兄にも何かあったの!?』
廻斗『ああ。実はユクモ村で、仲間だった奴が裏切ってユクモ村ごと吹き飛ばしたんだ。俺とアクトは近くに落ちたんだが、恐太はいなかった。そして俺、その吹き飛ばされた影響で、色々記憶が吹っ飛んでるみたいだ。』
妃弓花『だからさっきから廻斗が色々と思い出す事が多かったんだ…。全く、だらしない。』
廻斗『……悪い。……お、もうじき着くみたいだ。』


飛行船はポッケ村に着いた。
妃弓花は飛行船から出るなり、真っ先に村長を探しに向かった。
廻斗『ちょ、速いって!』
廻斗達も急いで妃弓花に付いていった。


妃弓花は、異変に気付いた。
村長含めて、人の気配が一切しなかった。

妃弓花『!? 一体…何があったの…?』
廻斗達も妃弓花に追いつくなり、異変に気付いた。
廻斗『!?これは……!?』
グナイアクト『嫌な予感しかしないな……。』

廻斗達が驚いてる時だった。


ドッガアアアアアン!!

突如先程乗っていた飛行船が爆発した。

廻斗・グナイアクト・妃弓花『!!?』

廻斗達は咄嗟に振り向いた。そこに写っていたものは……




『おーー!お姉ちゃんさっすがーー!!』

『……まあ……このくらいなら……。』


赤髪の少女と橙髪の少女がいた。そして、2人とも、見覚えがあった。


廻斗『轟華……!?』
妃弓花『亜樹!!轟華に何をした!!』

妃弓花の問いに答えたのは、轟華と思わしき少女だった。

轟華?『……?わたしは……何も……。』
妃弓花『!!? いや、何言ってるの轟華!?』

妃弓花の反論に答えたのは、亜樹と思わしき少女だった。

亜樹?『あ、そっか。事実を知らないんだっけ。"元"轟華の。』
廻斗・妃弓花『!!??』

亜樹と思わしき少女の言葉に、廻斗と妃弓花は激昂した。


廻斗『何……だと!?』
妃弓花『亜樹。命日は……今日のようだな!!!』

妃弓花は凄まじいスピードで亜樹と思わしき少女に迫り、ツインネイルで猛乱舞を浴びせた。


が、しかし。
亜樹と思わしき少女には傷一つ付いていない。


妃弓花『!? 何故……!?』
亜樹?『なーんだ。少しは骨のあるやつかと思ったのに。もう爆ぜて。』
妃弓花『!!』

廻斗・グナイアクト『させるか!!』

廻斗とグナイアクトは、それぞれTHEインパルスと覇神剣フレカムトルムを亜樹と思わしき少女に振り下ろした。その後、廻斗は追撃として、フルバーストを放った。


しかし、依然として亜樹と思わしき少女は無傷だった。


廻斗『こいつ……化け物か……?』
グナイアクト『どうなってやがる……。』


亜樹と思わしき少女は、飽きた様子だった。


亜樹?『だから爆ぜてって言ったのに。もうかーえろ。』
廻斗『待て!逃がすわけないだろ!』
亜樹?『何ですか虫さん?ブンブンうるさいから静かにして。』


亜樹と思わしき少女がそう言い放った時。
廻斗は大爆発を食らった。
近くにいた妃弓花とグナイアクトも巻き込まれ、吹き飛ばされた。


轟華?『……"詩衣葉"……凄い……。』
詩衣葉(亜樹?)『まあ、こんなもんかな!さあっ、帰ろ!』

詩衣葉が帰ろうとした瞬間だった。


轟華?『……! 詩衣葉、危ない……!』


ガキィィィィン!!


轟華と思わしき少女は、詩衣葉をテオ=ストライカーで防いだ。詩衣葉を攻撃しようとしたのは、妃弓花だった。妃弓花の持っている剣は、"氷炎魔剣ヴィルマクス"と言える程の力となり、詩衣葉の爆発の衝撃を吸収した為、恐ろしい程の力を手に入れた。

だが、轟華と思わしき少女は、怯まず臆さず、余裕の表情で守っていた。


妃弓花『轟華……!! 一体……どうして……!!』
轟華?『轟華……?……"誰"ですか……?』
妃弓花『!???』

妃弓花は、思わず手を緩めた。そして、問いかけた。


妃弓花『じょ……冗談でしょ……?』
轟華?『わたしの名前は"亜樹"です。冗談などではありません。』

妃弓花は、持っていた剣を落とした。そして、絶望したような表情で崩れ落ちた。


亜樹(轟華?)『詩衣葉……この人……どうするの……?』
詩衣葉『あ、任せてーー!せーの!』

ドッガァァァァァン!!

妃弓花も、廻斗と同じく大爆発を食らった。

詩衣葉『お掃除かんりょー!!今度こそ帰る!行くよ、お姉ちゃん!』
亜樹『うん……。』

詩衣葉は、亜樹を抱いて急スピードで飛び去っていった。


そして、廻斗達3人はポッケ村にて眠りにつくことになった。




……ある人物が来るまでは。


続く


目次>>428
目次2>>736


リアルゥゥゥゥ……ベリィィィ……busy……。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.780 )
  • 日時: 2017/11/19 23:56
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: zcK9BbWF)

お知らせ

やっとワールドでもスレを立てることができるようになりました。
ということで6代目スレを一応作っておきました
まぁ、ワールド発売まではこっちに自分はいますが。
一応向こうで書き始めてもいいかなとは思います

…失踪しないようにがんばる。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.781 )
  • 日時: 2017/11/26 23:33
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: iBMVVnDu)

あれおかしいな、表示画面が変だ…
まぁいいや、サァ行くか。

とりあえず今後の予定
・もうひとつのPTは1話分かその半分でしめる
・師条の謎を解明
・相変わらずおつかいの地
・村でもバルファルクやりますが…
・記憶戻します
・元の名前も。
・あとは集会所ラスボス。二つ名はやりまへん時間足りない

これをワールド発売までに…無理ーです。
もうだめだぁ…おしまいだぁ

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.782 )
  • 日時: 2017/12/06 00:12
  • 名前: あいりあ ◆HUQd0j4o36 (ID: WDvYEO2C)

(/ω・\)チラッ

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.783 )
  • 日時: 2017/12/07 23:42
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: .IRKDBN4)

>>782
いたぞぉ、いたぞぉぉおおおおお!!!!

あっち(6代目)はMHW発売されないとそれを舞台にした物が描けないから発売後に期待…ですかねぇ
まぁ、自分があっちでやるとしたら…いい加減人外キャラ抜きにしないとだめかなと思ってる
こっちは…こっちのスレ主が帰ってくるかどうか…。

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.784 )
  • 日時: 2017/12/13 16:03
  • 名前: あいりあ ◆HUQd0j4o36 (ID: NKzx9FcX)

勇者さんドシタノカナ?

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.785 )
  • 日時: 2017/12/25 21:41
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: iBMVVnDu)

ちょっとしたSS

地「く〜りすますがこっとっし〜も〜や〜てくる〜wwww楽しっかった、できごっとっを、消し去るよ〜に〜wwww」
碧「おいこら」
炎「毎年恒例」
師条「というけど、ある意味俺らも妬まれそうなんだが…」
冥花「…否定できない」
霊華「そうかしら?」
残妖「う、う〜ん…。」
ファル「まぁまぁ。ここは先生特製のクリスマスケーキでお祝いしましょう」
TRA「あんた…何者だよ…」
ファル「ただの喫茶店マスターです。」
優李「(の割にはやたら戦闘なれしているのよね…なんなのよあれ)」
Blizzard「せっかくだからあたいがホワイトクリスマスに!!」
BLAZE「させん」
涙那「そこはさせたほうが…」
美兎「ならば私が!」
満「そして俺がそれにあわせて…」
奏連「(モンハンってなんだっけ)」
地「んじゃそこらへんで捕まえたクルペッコで定番のチキン作ってくるよwww」
碧「あと適当に採取してくる」
炎「で、面倒ごと全部俺に押し付けてくるんじゃねぇ…」
ファル「手伝いますよ。」
TRA「あ、俺も。生活に必要なことはマスターしてるんで。」
霊華「私は食べる準備を…」
炎・碧・地「「て つ だ え」」
奏連「(読心術でも持ってるの…)」



地「というわけでぇwwwwこの俺、伝説の超サンタがみんなにプレゼントというなの絶望をおとどk」
碧「寝ろ」
地「ほげぇ!!!」
残妖「…メリークリスマスです。2017年もあとわずか…あの人たちはその日までに来るのでしょうか…心配です…。」
霊華「誰に言ってるの?」
残妖「…なんでもないです」

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.786 )
  • 日時: 2017/12/28 22:02
  • 名前: あいりあ ◆HUQd0j4o36 (ID: QGa5Mk2u)

アレ?
ワールドの雑談版ぶっ飛んだ?

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.787 )
  • 日時: 2018/01/01 05:19
  • 名前: クルセイダー (ID: WS1cFNJu)

あけましておめでとうございます\( 'ω')/
今年もよろしくです\( 'ω')/

後、エピソードクロス2周年となりましたが、今回で最終話となります


ハンターズアドベンチャー 〜エピソード クロス〜

最終話『再会と事実と復讐』


ポッケ村の大爆発が起きて1週間後。
ある一人のハンターがポッケ村へ降り立った。

そのハンターは歩みを進めて行き、少ししてその足をピタリと止めた。


『!? 廻斗!! それに妃弓花も…!! 何があったんだ…!?』

ハンターは、驚きを隠せなかった。すぐさまポーチから薬を取り出し、それを廻斗と妃弓花に飲ませた。

『これでよし……ん?』

ふと、遠くに目をやると、もう一人倒れているのが目に入った。ハンターは倒れている人物に近づき、顔を見た。すると、ハンターは再び驚いた。

『なっ……!? 何故ここに覇の神が……!? 廻斗達と共に冒険してたと言うのか….…?』


ハンターが困惑していると、廻斗が目を覚ました。

『う……ん……』


『!! 廻斗! 起きたか!』

ハンターは廻斗の元に走って向かった。


廻斗『……あれ……?俺……寝てた……のか……?』
『廻斗!大丈夫か!?』
廻斗『誰……だ……? …………!!?』


廻斗は自分を呼んでいるハンターの顔を見て、驚きを、そして、感動を覚えた。




廻斗『兄……さん……!?』
天津『ああ、そうだ。天津だ。』
廻斗『無事だったんだな…良かった…。』
天津『お前こそ、生きてて良かった。俺が見た時、酷い傷を負っていたから焦ったが、俺の薬で目を覚ましてくれて安心したよ。』
廻斗『あ、道理であまり体が痛くない訳だ。やっぱり効き目凄いなぁ。』
天津『ま、煌には及ばないさ。あいつも、元気してると良いんだが……』

天津は、ふと轟華と恐太の事を思い出す。


天津『!! そうだ、轟華は!?それに、恐太もだ!』
廻斗『恐太はユクモ村の事件で離れ離れになった。轟華は……』

廻斗は、言葉が詰まった。

廻斗『くっ……!』
天津『何だ…どうした!』

天津も焦る。
そして、廻斗は言った。




廻斗『轟華は……本当は…………亜樹……だった……。』
天津『…………は……?』

天津の頭が一瞬真っ白になった。そして、廻斗に問いを投げかけた。


天津『いや、何を言ってるんだ…!?轟華が亜樹…?そんな訳ないだろう!?あの二人が別々なのは言うまでも無いし、この目でも見た事がある!!』
廻斗『俺だって認めたくねぇよ!!』

廻斗は思わず怒鳴った。


天津『…………!! 廻斗……、一体何が……。』

『……後は私が言う。廻斗は休んでていいよ。』

そう言ったのは妃弓花だった。

廻斗『妃弓花……!』
天津『起きたか……!良かった……。』
妃弓花『お久しぶりです、天津さん。そして、私の話を聞いて下さい。全て事実です。』
天津『……ああ。』

妃弓花は語り始めた。


妃弓花『私たちは轟華がいるというポッケ村に来ました。けど、そこには轟華はおろか、村人が一人もいませんでした。私たちが向かう1週間前に亜樹が向かったらしく、私は亜樹の仕業だと考えました。そして、その予想は恐らく当たりました。急に飛行船が爆発したと思ったら、そこに轟華と亜樹がいましたから。私は勿論、亜樹を問いました。しかし、その問いに答えたのは轟華だったのです。あたかも自分が"亜樹"かのように。私は驚きました。そして、亜樹が"元"轟華の事実を知らないんだっけと言ってきました。私と廻斗は亜樹を潰そうとしましたが、傷一つすら付きませんでした。そして、抵抗が続きましたが、遂に私たちは爆破されました。私は間一髪で力の吸収に成功し、その力で亜樹を打倒しようと思いました。しかし、そこに轟華が立ち塞がったのです。私は、轟華、一体どうしてと言いました。そしたら、轟華とは誰ですかと言ったのです。私は冗談だと思いましたが、轟華はなんと"亜樹"と名乗ったのです。しかも、嘘偽りない目でこちらを見つめて来ました。私は絶望し、そして爆破されました。』


天津『……………………。』
天津は言葉を失った。


妃弓花『私も受け入れたくありません。ですが、受け入れるしか無いのです。』

天津は、今までに無いほどの怒りと悲しみを覚えた。

天津『妃弓花。轟華が亜樹なら、亜樹は誰なんだ?』
妃弓花『確か……詩衣葉と言っていたような。』
天津『勿論、そいつに復讐するよな?』
妃弓花『したいです。ですが、奴には一切の攻撃が通りません。』
天津『その点なら問題無い。ある薬を使えば戦えるようにはなる。』

天津は、ポーチから灰色の薬を3錠取り出した。

天津『これだ。"天頂の薬"という。飲めば強大な力を得るが、効果が切れると当分は普段の生活すらままならなくなる。それぐらいハイリスクハイリターンな薬だ。覚悟は出来てるな?』
廻斗『当たり前だ。』
妃弓花『はい。』
天津『よし。薬を渡す。奴と対峙する時に飲め。効果時間は1時間。それまでに捻り潰すぞ。』
廻斗『ああ。』
妃弓花『わかりました。』


『……俺も行く。』

ふと、声がした。グナイアクトの声だった。


天津『……覇の神。お前に一つ聞きたい事がある。何故、廻斗達と共にいる?』
グナイアクト『話せば長くなるが、簡単に言えば、廻斗の意志につられて付いてきたってとこだ。』
天津『……そうか。まあいい。だが、薬はもう無いぞ。』
グナイアクト『問題無い。力を最大限まで引き出せば対抗出来る。』
天津『……そうか。』


廻斗『行こう。復讐に。俺達なら出来る。』
妃弓花『うん。絶対に、詩衣葉を倒す。』
天津『この怒りを、全て!』
グナイアクト『奴にぶつける!』


廻斗達は、天津が乗ってきた飛行船に乗り、ポッケ村を旅立った。
轟華を失った悲しみを、復讐という怒りに変えて。
全て、詩衣葉にぶつける為に。


終わり


目次>>428
目次2>>737


まあ実際はバリバリ続くんだけど(殴
次回作は第6代目小説スレにて

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.788 )
  • 日時: 2018/02/07 21:09
  • 名前: あいりあ ◆HUQd0j4o36 (ID: paS1MHvO)

MHW雑版に入れない件について

Re: モンハン小説を書きたいひとはここへ! 五代目! ( No.789 )
  • 日時: 2018/02/12 21:55
  • 名前: EXTENDED ◆FGU2HBsdUs (ID: zJKXvb24)

管理人に問い合わせてみたらどうだろうか
それでだめなら…うーん。

* (35文字以内)
* (25文字以内)
現在文字数:0
残り文字数:25
* (8文字以内)
現在文字数:0
残り文字数:8
(修正・削除に使用)
※ この欄は入力しないで下さい
* (3000文字以内)

※ 動画などURLを書き込む時は、hを抜いて「ttp://www.youtube.com/」のように入力して下さい。

現在文字数:0
残り文字数:3000
スレッドをトップへソート

サイトマップ